産後 乳首 黒ずみ 変化

産後の乳首の黒ずみが変化するかそのままの色で残るかといえば、答えは徐々に薄るくなるけど、最終的に元の状態まで戻らないというのが専門家も含めた現実的な意見です。

 

この徐々に薄くなるという部分には、赤ちゃんにおっぱいをあげなくなることで外部からの刺激を受けないという点と、出産2日目から急激に体内のホルモンバランスが授乳をするように変わっていくことで、メラニン色素を活発化させることが無くなるからなのです。

 

黒ずみの原因を突き詰めていけば、あなたの身体を守るためなのですが、それが産後のあなたを苦しめるのが現在の話なのです。昭和の時代なら、母親の体になったってことだから自信を持ちなさいとか、もう諦めなさいと言われて終わっていましたが、現在はいくつになっても女性であることが必要ですよね?

 

だからこそ、乳首の黒ずみに悩まされるなんてもったいない話なのです。

 

多くの人が出産が終われば、妊娠前の身体に戻ると考えていますので、そこに少しギャップがあるんですよね。

産後 乳首 黒ずみ 色素沈着

産後は乳首だけではなく、乳輪の黒ずみや脇の下、人によっては膝の裏まで残ってしまった黒ずみに悩まされることもあります。徐々に薄くなっていきますが、産後に最後まで残るのは、乳首やデリケートゾーンなどの元々メラニン色素が集まりやすい部分です。

 

メラニン色素が色素沈着することが、黒ずみの主な原因です。妊娠中に起こるホルモンバランスの変化(特にプロゲステロン(黄体ホルモン)が活発になるこ)は、単にメラニン色素を刺激するだけではなく、肌のターンオーバーを乱れさせて色素沈着が起こりやすい状態をも作り出しているのです。

 

なので妊娠中に乳首・乳輪・脇の下・デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは当然のことなので、驚く必要はありません。問題は産後にどこまで元の状態に戻るか?ということであったり、いつまでに元の状態に戻すのか?ということです。

 

その部分をどう考えるのか?ということが非常に大切なわけです。デリケートゾーンはそこまで気にならないかもしれませんが、乳首はパッとめに付く場所です。だからこそ、専用のケアグッズを使って、少しでも早く改善することが大切なのです。

 

ちなみに産後半年〜1年ほどで元の状態に戻ると考えられていますので、それはそれで一つの目安にされると良いと思います。少しでも早く元の色に戻すためには、ビタミンCの補給と保湿によるターンオーバーの適正化が重要なポイントです。

 

乳首に残ってしまった黒ずみをピンポイントでケアできるのは、やはり専門のケアグッズのみです。ヨーグルトに美白効果があるという話もありますが、民間療法の為個人差が出やすい事、衛生面での不安もあることなどから、私自身はオススメすることができません。


ホワイトラグジュアリー