産後 乳首 黒ずみ 簡単

産後の乳首の黒ずみが簡単に解決してくれればいいなと…出産を終えた女性が考えることなのですが、なかなか簡単には産後の黒ずみは解決しないのです。

 

なぜ乳首の黒ずみが解決しないのか?それはやはり出産・授乳と忙しい日々を送る中で、そこまで意識が回らないこと、また黒ずみ対策を行い始める時期が遅かったり、既にダメージを受けてしまって残っていいるなど様々な要因があるのです。

 

そもそも妊娠中から乳首は、日々赤ちゃんに吸われることに耐える意味もあり、メラニン色素が集まってきて、色素沈着を起こして色が徐々に黒ずんでいきます。その後出産までの間は、女性ホルモンのエストロゲンが優位になるので、わきの下など様々な部分に黒ずみが広がってしまうのです。

 

乳首と乳輪は体の中でもメラニン色素が元々沈着しやすい部分でもあるために、なかなか元の状態に戻りにくいということがあります。だから専門家も産後の乳首の黒ずみは妊娠前の状態まで戻らない(戻りにくい)という発言をしています。

 

これは全く戻らないということではなく、普通に過ごしていると戻らない人の方が多いというのが実際だと思います。しかし中には、出産したはずのにキレイなピンク色をしている人もいるわけです。ではそんな彼女とあなたの違いは何か?

 

考えられるのは、体質的な部分や遺伝的な部分です。これはもう生まれつきのものなのでどうすることもできません。しかし体質的にも遺伝的にもそうではないのキレイなピンク色な人もいるのです。それではそういう人たちとあなたの違いは何でしょう?

産後 乳首 黒ずみ 解決

そういった人たちとあなたの違い。これは明らかにわかります。

 

一言でいえばしっかりと授乳中からケアをしたかしないのかの違いです。ケアってなに?と思われるかもしれませんが、授乳の際に乳首をしっかりとマッサージしてから赤ちゃんに吸わせたり、授乳の際に左右をバランスよく短時間で入れ替えたり、授乳の合間にはしっかりと保湿ケアをしたかなど、ダメージを残さない方法はいくらでもあるのです。

 

産後は忙しくてそんなことをする余裕はなかったと思われるかもしれませんし、今現在授乳中でそんな余裕はないかもしれません。一つ言えることは、授乳中からちゃんとケアを行っていると産後に残るダメージが少なく、キレイな状態を維持することができるのです。

 

でも授乳中に十分なケアをしなかった方でも産後の乳首の黒ずみを解決することは可能です。最近は乳首の黒ずみを気にする人が増えたので、様々な専用のケア用品が売られていますし、専門外来もあります。そういったところで治療を行うことで3か月ほどで多くの方が産後の黒ずみの悩みを解決しているのです。

 

やはり専門家でも3か月ほどの期間がかかることは理解しておくべきです。これは肌のターンオーバーの際にメラニン色素の沈着が徐々に収まっていくことで、妊娠前の色やそれ以上にピンク色に近づいていくのです。

 

一般的には放置することで、時間が経過しても元の色まで戻らないとされている産後の乳首もしっかりケアをすることでその結果が変わりますので、もしあなたがお悩みであれば、専用のケア商品を使用して見てください。多くの人がすでに実践していますので、商品選びさえ間違えなければ、あなたはキレイなピンク色を手に入れることが約束されたようなものです。


ホワイトラグジュアリー