産後 乳首 黒ずみ ピンク

産後の女性の最も気になることは、体に残った黒ずみです。特に元々メラニン色素が多く、沈着しやすい乳首や乳輪、デリケートゾーンの黒ずみは改善しにくいものです。産後は徐々に妊娠前の色に近づいてきますが、やはり完全に元の色に戻ることはなく黒ずみが残ってしまうのです。

 

ではどうすれば、産後でも妊娠前のようなキレイなピンクに戻すことが出来るのか?

 

これにはいくつかの方法がありますが、今回はより確実な方法をご紹介したいと思います。実際に皮膚科で行う治療は、【トレチノイン・ハイドロキノン治療】と呼ばれるもので、ビタミンCやアルブチンよりも美白効果が100倍も優れているハイドロキノン配合のクリームと、その浸透を高めるためのトレチノインという薬剤を処方してもらい、産後の気になる黒ずみ部分に塗っていく治療方法です。

 

このトレチノイン・ハイドロキノン治療は、産後の乳首の黒ずみ改善に非常に効果の高い方法ではありますが、副作用の心配もあり、残念ながら妊娠中や授乳期間中に行うことは出来ず、保険適応外の治療の為に約10万円近い費用がかかることとごく限られた病院でしか受けられませんので、そこまでかなり頻繁に行く必要があり、皆さんにはお勧めできないのです。 

 

トレチノインやハイドロキノンは薬だけを一般的な皮膚科で処方してもらうこともできますが、その使用期限は開封後1ヶ月と非常に短い上に、使用方法を間違えると乳首が切れるのではないか?と思うくらいに痛みが強いために、個人の判断で使うことはあまりお勧めできないのです。

 

また処方してもらい場合にも診察料を含め、10000円ほどの費用がかかりますし、継続的に処方してもらうにしてもキレイピンクではなく、産後の黒ずみを帯びた乳首を医師に見せることにも抵抗感があると思います。

産後 乳首 黒ずみ 紹介

そこでお勧めなのが、産後の乳首の黒ずみ対策専用のケア商品であるホワイトラグジュアリープレミアムです。気になる費用も3ヶ月継続すれば、一般的な皮膚科で薬だけを処方してもらう際の半額の15000円でその効果を実感することができるので、非常にお得なのです。実際に皮膚科でも3ヶ月ほどの通院期間が必要ですので、そういった意味では産後の乳首をキレイピンク色に戻すまでの期間に大きな違いはありません。

 

このホワイトラグジュアリープレミアムという商品ですが、実際に使用した300人のモニターのうち、なんと94.8%がその高い美白効果を実感しているのです。

 

もちろん悪い評価もあるのでここで簡単に紹介すると、あんまり変わった感じがしないけど本当に効くの?、2本目を使っていますがまだ効果が出ません、使用開始1ヶ月半まだ効果を感じません、荒れたりしないけど改善もしないという声がありました。

 

逆に良い評価としては、黒ずみやデリケートゾーンのニオイも消えた、産後に固くなった乳首が柔らかくなった、敏感肌でアトピー気味だが滲みずに使える、彼氏に乳首の色を褒められた、全身に使えるので嬉しい、彼氏に乳首の色がキレイなピンク色になったねと褒められた、塗った後にベタつかないのが嬉しい、使用感が好きなのでまずは3ヶ月使ってみます、3ヶ月で産後の乳首でも効果が出たので、今度はワキに使ってみます。

 

そうなんです。このホワイトラグジュアリープレミアムは2〜3ヶ月目に効果を感じ始める人が多いので、1本だけではその効果を感じる前に終わってしまうのです。これは肌のターンオーバーが28日周期であることを考えれば当然のことですし、何事もそうですが急激な変化や即効性を気にする人もいますが、それではどのような成分が含まれているかわからないのです。

 

日本人の黒ずみ対策用に作られた商品ですので、実は全身全てに使えるのです。乳首だけではなくワキの下やヒザ、中には顔のシミ取りに使う人もいますし、産後以外でも問題なく使えるのです。そういった意味でもこのホワイトラグジュアリープレミアムの汎用性の高さが評判を呼んで、実は芸能人にも愛用者が増え始めています。

 

乳首の黒ずみは産後だけの問題ではなく、メラニン色素の問題でもありますので、生まれつき黒ずみを帯びている人もいるわけです。しかし男性はそんなことお構いなしにキレイなピンク色が良いに決まっていると決めつけているのです。

 

だから専用のケア商品を使うことで産後の乳首の黒ずみを改善して、自分に自信を持ってもらいたいと思うのです。


ホワイトラグジュアリー